ブログ

月: 2021年11月

子どもが嫌いでも婚活できる?

子どもが嫌いでも婚活できる?

婚活を始めたい・すでに始めている女性の中で子どもがあまり好きじゃない方もいると思います。

子どもを望んでいないのに結婚相手を探していいものなのか、不安に思う方も多いようです。

今回は子どもが苦手なことは婚活においてダメなことなのか紹介します。

 

子どもが苦手って言い出しにくい

 

結婚した=子どもを作るという考えが今では一般的ですよね。

女性は世間から無条件で子ども好きというイメージを持たれていることがほとんどです。

「苦手ということを伝えたら冷たい人という印象をもたれてしまいそう」

交際を断られてしまうかも」と悩んでいる方も実際にたくさんいます。

 

子どもを希望してない人も多い

 

全国の20・30代の男女にアンケートを取ったところ約1/4が子供は欲しくないと答えたそうです。

全員が子どもが苦手というわけではないかもしれませんが、意外と多いと感じませんか?

金銭的に余裕がない・夫婦2人で楽しみたいと考える方も多く、欲しくないと答える人は年々増えています。

この結果を見ると苦手ということを正直にお相手に伝えても大丈夫かもしれません。

 

子どもが好きという考えは育った環境で変わる

 

子どもが好きという気持ちになるのは育った環境で決まることがわかっています。

  • 〇幼少期に友達とたくさん遊んだ
  • 〇家族と長い時間を過ごしてきた
  • 〇近所付き合いをする機会が多かった
  • 〇子どもとの触れ合いが多かった

このような生活を送ってきた人は結婚したい・子どもが欲しいという気持ちになるそうです。

反対に子どもが嫌いという気持ちは親と仲が悪く家庭環境が良くないと芽生えやすいと言われています。

 

子どもが苦手も個性の1つ

誰にだって物事の好き嫌いはありますよね。

子どもが苦手という考えも個性の1つです。

男性でも子どもを望んでいない方も一定数いるので、女性だけが黙って我慢して婚活をする必要はないと思います。

また、子どもが嫌いな方でも自分の産んだ子どもは可愛いという声もよく聞きます。

自分の考えを理解してくれたり、同じ価値観を持つ人を婚活で見つけて欲しいです。

 

ただ気を付けて欲しいことは婚活では相手の大切な時間も奪ってしまうので、子どもを全く作る気がない場合は早く相手に伝えましょう。

 

最後に

無理して相手に合わせて婚活をしても辛くなってしまうだけです。

不安なことはカウンセラーに相談してみましょう。

結婚相談所に興味がある方、是非気軽にお問い合わせください♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿

 

上手くいかない原因はプロフィール?

婚活でプロフィールはとても大切

結婚相談所に入会したのにお見合いの申し込みが来ない、申し込んでも断られてしまうと悩んでいる方はいませんか?

入会したって意味がなかった・自分のなにが悪いんだろうと考え込んでしまいそうですが、

原因はあなた自身のプロフィールかもしれません。

結婚相談所ではこの人に会ってみようかの判断はプロフィールでしかできないのでとても大切です。

今回は、こんなプロフィールは止めた方が良いという点をまとめてみました。

 

情報が薄すぎる

 

プロフィールにどんな記入欄があるのか結婚相談所によって多少変わってくるとは思いますが、項目はすべて記入しましょう。

どの項目を重要視してお見合いをしたい相手を決めるかは人それぞれなので、一つの記入漏れでチャンスを逃してしまうかもしれません。

自由に記入できる項目もしっかりと書くことが大切です。

全く書いていない方やよろしくお願いしますだけの短文だと婚活への真剣度が伝わりにくく、避けられてしまう原因になってしまいます。

 

自己PRが長すぎる

 

記入しましょうと伝えましたが、読む気がなくなってしまうほど長すぎるのもよくありません。

伝えたいことをまとめてわかりやすく読みやすい文章にすることがポイントです。

本気だからこそ長くなってしまう気持ちもわかります。

どの部分が必要でどこが不要なのかしっかりと読み返してみましょう。

 

写真を撮っていない・映りが悪い

 

プロフィール用の写真を撮りに行くって面倒臭いですが、誰だって顔は気になるもの。

結婚相談所に入会を決めたら早めに撮りに行きましょう。

自撮りや相談所で簡単に撮った写真を使っている方もいますが、やっぱり映りは大切です。

下からのアングルで撮ると顔が大きくスタイルが悪く見えてしまうなどテクニック1つで見え方も変わってきます。

自分の魅力を最大限に伝えるために出来ればプロや慣れている方に撮ってもらいましょう。

 

理想を素直に書いてる

 

嘘を書くのはもちろん良くないですが、正直すぎるのもダメです。

「若くて美人な方と結婚して働きながら家事全般をしてもらいたい」

「イケメンで高収入な人と結婚して専業主婦になりたい」

など、どちらもいきなり言われたら引いてしまいますよね。

自分の理想はお付き合いした後にどうしても譲れないことだけを伝えましょう。

 

読んでくれる人の立場になる

プロフィールを書くときに一番大事なことは読む側の気持ちになることです。

自分の事を一方的に書いただけでは何も伝わらないですよね。

好印象を与えるには読む人の気持ちになって、会ってみたいと思われるような内容にしなくてはいけません。

こんな人が良いと理想だけを書いていたら自己中心的な印象を与えてしまうし、

職業や自分の経歴だけを書いていると自慢したいだけなのかなと思われてしまう可能性があります。

 

プロフィールの基本は

  • 〇結婚相談所に入会した理由や結婚観
  • 〇仕事について
  • 〇趣味・休日の過ごし方
  • 〇長所と短所

を書くことがほとんどです。

文章を考えることが苦手な方は1人で悩まずに是非カウンセラーに相談してみて下さい♪

 

最後に

自分のプロフィールを今一度見返してみると、新たな出会いが見つかるかもしれません!

結婚を諦めてしまう前に簡単に出来ることから改善してみましょう。

当結婚相談所では会員様に寄り添って成婚までサポートします。

少しでも婚活に興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿

好かれにくい男性の特徴

好かれない男性の特徴は?

結婚相談所に入会したら即結婚できる!と思っていてもなかなか真剣交際や成婚まで進めない男性もいます。

婚活中はお金も時間も掛かってしまうので、早く素敵なお相手を見つけて退会したいものですよね。

今回は気付かない内に当てはまっているかもしれない?

嫌われやすい男性の特徴をまとめてみました。

 

店員さんへの態度が悪い

 

買い物や外での食事の際に店員さんに対して偉そうな態度を取っていませんか?

はっきり物事を言える姿を見せたい、良い所を見せたいと考える方もいますが、

女性にとってはこれが本当の素の姿なのか、結婚したら自分に対しても威圧的な態度になるのかと不安になってしまいます。

誰にでも気遣いができて、店員さんにも優しい男性が好かれます。

 

条件が高望み過ぎる

 

20代と若くて綺麗で性格も良くて仕事しながら家事もしてくれる女性と結婚したい!

正直でいいと思いますが、そんな好条件の女性はなかなか見つかりません。

いたとしても、自分も同等またはそれ以上の魅力がないと選んでもらえません。

お見合い・お付き合いを何回も断られてしまっている場合は条件を見直してみましょう。

必要以上の条件は結婚から遠のいてしまうだけなので、これから一緒に生活していく上で必要なものだけにしてみましょう。

 

ケチ過ぎる

 

金遣いが荒くない、倹約・節制できるってすごくいいことです。

ですが交際はどうしてもお金が掛かってしまうもの。

最初のお見合いでは男性がお茶代を支払いますが、その後のデートは特に決まりがありません。

もちろん割り勘でもいいですが1円10円単位を求めるのは止めましょう。

お金出してもらって当たり前、感謝の気持ちを何も言ってくれない女性だったら断ってもいいかもしれません。

デートに行くこと自体がお金がもったいないと感じる方には婚活は難しいです。

 

決断ができない

 

真剣交際に進んだら3か月で結婚するかの判断をしなくてはなりません。

プロポーズも基本的には男性からすることになると思いますが、

「本当にこの人でいいのか」「もっと若くて可愛い子と付き合えるのではないか」

と考えてしまって決められない方は嫌われてしまいます。

女性の大切な時間も奪ってしまっていることを自覚して決断しなくてはいけません。

婚活はダラダラと長い期間付き合う場所ではないのです。

 

自分のことばかり話している

 

男性で特に多いのは、自分のことばかりを話してしまうことです。

アピールすることもとても大切ですが、始めのうちは相手のことも知りたいですよね。

会話のキャッチボールが出来るようにプロフィールを改めて確認して話題を考えておいて話題を振るようにしましょう。

女性も自分から話すことが苦手な方もいますが、話を聞いてくれる男性が好かれやすいです。

 

女性の意見を尊重しない

 

出掛ける場所や食事するお店など全て自分で決めていませんか?

毎回女性側の優先する必要はないけど、せっかくなら2人で話し合って決めたいものですね。

女性が提案したお店を高いや遠いなどの理由で断る男性は婚活に向いていません。

お付き合いの時点で否定ばかりされていたら、これから先一緒に性格していくことが心配になってお断りされてしまうかもしれません。

 

アドバイスを聞いて実践してみる

男性と女性の考えは全く違うこともたくさんあります。

困ったりわからないことがあればカウンセラーに相談し、アドバイスをもらってみてもいいでしょう。

客観的に自分を見ることは難しく、プロの意見は参考になるはずです。

言われたことは実践しましょう。

アドバイスしてもらっても素直に聞けない方はズルズルと婚期を逃してしまう可能性があります。

 

最後に

婚活が上手くいかない原因は些細なことで、少し自分の言動を見直してみるとすんなり結婚まで進むきっかけとなるかもしれません。

OTETE結婚相談所では会員様とLINEでやり取りし、一人一人に寄り添って成婚までサポートします。

結婚相談所に少しでも興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿

なんとなく婚活していませんか?

 結婚したい理由を考える

結婚なんてまだ早いと思っているけど、

周りの人達に言われてなんとなく婚活している方もいるのではないのでしょうか?

婚活は早く始めるほど特に女性は若さは最大の武器になるので有利です。

少しでも前向きな気持ちで婚活出来るように、今回は結婚したいと思う理由で多いものをまとめてみました。

 

傍にいてくれる相手が欲しい

 

不安なことがあった時、自分が辛い時に誰かに傍で支えてもらいたいものですよね。

コロナ禍であまり外出が出来ない時は特に1人は心細い、家族が欲しいと思った方も多いのではないのでしょうか。

家族以外面会禁止の病院もあったり孤独死してしまうかもと将来に不安を感じて婚活を始めた方が多かったです。

 

子どもが欲しい

 

子どもは結婚したいという大きな理由の一つですね。

結婚=子どもと考える人がほとんどです。

単純に子どもが好き・自分の子どもを育てたいとい方もいれば、子孫を残したいなど様々な考えがあります。

 

親や周りに色々言われるから

 

会うたびに結婚をせかされたり、お見合いを勧められたりあまり気分が良いものではないですよね。

周りの友達も結婚したしとりあえず結婚相談所に入会してみようと思っている方は意外と多いそうです。

結婚してその重圧から解放されるのは気が楽になりますね。

 

金銭的な余裕が欲しい

 

現代は一生懸命働いても年収がなかなか上がりにくいもの。

結婚して2人で働いて世帯年収を上げて経済的に余裕を持ちたいという考えの方もいます。

女性だと専業主婦になりたい方もまだまだ多いです。

 

社会的に信用が得られるから

 

「結婚するのは当たり前」「結婚してやっと一人前になる」

という考えは古いと感じるかもしれませんが、まだまだ世間には残っています。

男性は特に世帯を持つと社会的な信頼を得られると言えます。

 

親の介護が不安

 

長男だから・子どもは自分しかいないから、もし親の介護が必要になった場合は

面倒を見なくてはいけないと将来に不安を感じている方も少なくありません。

不安や悩みを一緒に支えて考えてくれる相手が欲しいと思って結婚に踏み切る方も多くいます。

 

最後に

今回書いた結婚したい理由で多いものに一つでも当てはまったら婚活を早めに始めることをおすすめします。

当結婚相談所では何歳からの婚活でも全力で成婚までサポートします。

少しでも興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿

結婚相談所って本当に結婚できる?

結婚相談所って本当に結婚できるの?

結婚相談所って高いお金を払うだけで結局結婚できないんじゃないかと思っている方もいると思います。

だから婚活しようとした時に気軽にできるアプリやそれほどお金の掛からない街コンや合コンに手を出しがちなもの。

でも結婚相談所は敷居も高くない安心して婚活できる数少ない場所なんです。

なので今回は、結婚相談所で結婚できる理由をまとめてみました。

 

モチベーションが上がる

 

結婚相談所に登録すると1人でアプリや街コンで婚活をするよりもモチベーションが上がります。

1人だと上手く行かずに早々に心が折れてしまったり何が原因で上手く行かないのかわからない場合もあるでしょう。

結婚相談所だったら担当のカウンセラーがサポート。

一緒に寄り添ってくれる人がいると自分のダメな所も知ることが出来て改善に繋がります。

 

自分の求めている条件が明確になる

 

どんな結婚相手がいいのかと聞かれて優しい人や年収など、

なんとなくぼんやりとしか思いつかない方もいるでしょう。

自分の希望がわかっていないと本当にこの人でいいのか迷いが出てきてしまいます。

結婚相談所では自分自身でお相手の条件を決めて検索するので求めている理想がはっきりと見えてきます。

 

始めから相手のことがわかっている

 

会う前から相手の職業や年収・家族構成がわかっている状態なので、イメージや理想と違ったなどの心配がありません。

結婚相談所のプロフィールには子供を希望するかや親と同居する可能性はあるのかなど少し聞きにくい項目も記載がされているので、お付き合いした後に結婚後の考え方が違うというトラブルがありません。

 

結婚相談所のメリット

ここまで結婚相談所で結婚できる理由をまとめてみました。

お金をしっかりと支払う分、安心安全なサポートを受けることが出来ることがわかったと思います。

結婚相談所で婚活をするその他のメリットも見てみましょう。

 

客観的なアドバイスをもらえる

 

自分を客観的に見つめることって難しいですよね。

結婚相談所ならプロフィールや写真はこうした方がいいなどカウンセラーからアドバイスをもらうことができます。

まずはお見合いしたいと会ってみたいと思ってもらえるように行動してみましょう。

 

断りの連絡も任せられる

 

交際を断る方も辛いですが、お相手からしたら早めに言ってくれた方が次の人に行けるので気持ちが固まったら言うべきです。

お見合い・交際してみて合わないと思った時は結婚カウンセラーが断りの連絡をしてくれるので罪悪感を感じる必要がありません。

 

最後に

まだまだ一般的ではない結婚相談所ですが安心して婚活できる場所です。

当結婚相談所ではカウンセラーが親身になって成婚までサポートします。

結婚相談所に少しでも興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿

40代女性の婚活は上手くいかない?

40代女性の婚活は上手く行かない?

40代から婚活を始める女性はとても多いです。

ですが、結婚相談所に入会したからすぐに結婚できるというわけではありません。

スムーズに成婚まで進む方もいますが、なかなかうまくいかない方ももちろんいます。

今回は40代女性の婚活が上手く行かない原因をまとめてみました。

 

子どもを希望している人が多いから

 

男性は結婚した場合子どもを望んでいることが多く、

出産することを考えると20代~32歳ぐらいの女性を希望する男性がほとんどです。

30代後半に差し掛かった女性に対しては、子供を望むことは厳しいのかなという考えで付き合うことを躊躇してしまいがち。

これはどう頑張っても若い女性には勝てない部分です。

 

年下や同年代は厳しいから

 

40代で婚活を始めた女性は年が近い方を探す傾向があります。

男性は自分より若い女性を探している方が多いので、なかなかお見合いに繋がらないことも多いのです。

40代の女性を希望するのは50代60代の方がほとんどなので年代の幅を広げて探すようにしましょう。

 

相手に求め過ぎているから

 

結婚相談所に入会している40代の女性は、身なりに気を使って綺麗にしている若々しい方ばかりだなと感じます。

「仕事もしっかりしていて、ある程度の収入があって自立している。」

そんな女性だからこそ自分以上の収入や若く見える外見を相手に求めてしまいがちです。

見た目は年相応でも中身が優しいなど、違う良い部分を見るようにしてみましょう。

 

40代女性の婚活が上手く行く人

40代女性の婚活が難しい理由を書いてみましたが、もちろん結婚相談所で素敵な男性と出会って成婚する方もたくさんいます。

お相手がスムーズに見つかって成婚まで進む40代女性はどんな人なのでしょうか。

 

現実をわかっている

 

爽やかな見た目や年収が高い人気の男性はたくさんの女性からお見合いの申し込みを受けています。

その中で同じ理想の条件の女性がいるのなら、男性は年齢の若い女性を選ぶものです。

婚活では若さは最大の武器になります。

自分の婚活での価値をしっかりとわかっていて、結婚相手に求める条件を変えることができる女性は良い出会いを掴むことができるはずです。

 

高望みしすぎていない

 

若くて高身長で年収も高くて大企業に勤めているなど結婚相手に求めるものが多すぎると、単純に出会える男性の人数が減ってしまいますよね。

今後一緒に生活をしていく上で結婚相手には何が必要なのか改めて考えてみましょう。

同じ趣味があるや共働きで家事を分担してくれる人など、見た目や年収だけでは結婚生活が上手くいくのかわかりません。

もちろん相手に求めるだけではダメで、少し合わないかなと思ったことも妥協できる部分は合わせる努力も必要です。

 

最後に

40代の女性が婚活を成功させるには自分を客観的に見つめ直すことが大切です。

何歳になっても自分の努力次第で幸せを掴むことができます。

 

会員様1人1人に寄り添うOTETE結婚相談所で素敵な出会いを見つけませんか?

婚活に少しでも興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿