ブログ

真剣交際中に話したいこと

真剣交際中に話したいこと

結婚相談所では真剣交際からプロポーズまで3か月以内と設定されている場合がほとんどです。

ですから、真剣交際の間に結婚や将来についての話をしなければなりません。

いきなり言われてもどんなことを話したらいいのかわからないですよね。

真剣交際に進んでも必ず結婚まで行くとは限りません。

話し合い不足で破談になってしまわないように、今回は真剣交際中に話したいことをまとめてみました。

 

結婚式

 

結婚式をすごく楽しみにしているやお金が勿体ないからしなくてもいい方、考え方は様々です。

やるとしたら会場決めや準備に半年程掛かるしお金も100万単位で必要となります。

本当は結婚式やりたかったのに・・とのちのち揉める原因になってしまうかもしれません。

今はコロナ禍で結婚式を挙げない方も増えているそうです。

写真だけ、顔合わせだけなどお互いの意思を確認しましょう。

 

住む場所

 

結婚後に居住するエリアも大切です。

お互いが今のままの仕事を続けるのならば、

  • 〇どちらの職場の近くにするのか
  • 〇中間地点にするのか

通勤時間が増えると毎日のストレスにもなってしまいます。

将来のことを考えて実家の近くにするのかなど話し合っておきましょう。

 

仕事

 

結婚をした後に、

  • 〇今の仕事は続けるのか
  • 〇転勤の可能性はあるのか
  • 〇転職したいと考えてはいないか
  • 〇専業主婦になるのか共働きになるのか

今の時代、共働きが普通となってきましたが家庭に入りたいという女性もまだまだいます。

収入が変わると生活水準やライフプランにも関わってきます。

将来のためにこちらもしっかりと確認しておきたいですね。

 

同居や介護の可能性

 

義理の両親の介護を進んでやりたい人って中々いません。

介護の問題はデリケートで、自分の親とも話したことがない人もいるかと思います。

一緒に過ごしていく中で、今は両親ともに元気でも状況が変わることだってありえますよね。

将来的に同居する可能性はあるのか、親は同居を望んでいる場合は必ずお相手に伝えておきましょう。

 

金銭感覚

 

金銭感覚は一緒に生活するにあたってとても大切です。

  • 〇お互いどのくらいの収入があるのか
  • 〇毎月貯金はいくらするのか
  • 〇家計の管理はどちらがするのか
  • 〇借金やローンを抱えていないのか

金銭感覚のズレは離婚の原因となってしまう可能性もあります。

話しにくいことではありますが、借金がある場合は早めに伝えましょう。

結婚相談所では収入証明を提出するので男性の年収はわかっている点では安心ができます♪

 

最後に

3か月という一般的には短い期間で結婚を決めるのであれば、なおさら話し合いが重要です。

今まで生活してきた環境は人それぞれなので全てが完璧に同じ考えという人はいません。

少し価値観が違うだけで別れるという選択をするのではなく、お互いに歩み寄ってみましょう。

 

少しでも結婚相談所に興味がある方、気軽にお問い合わせください♪

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OTETE結婚相談所(@otete_tetote)がシェアした投稿